えがおの黒酢は安心して飲めるのか、気になる副作用は?

黒酢は、ダイエットドリンクやサプリメトなどに配合されることが多く、日本では以前から有名になっていますね。サプリメントの中では、えがおの黒酢が人気NO1と言われており、飲み続けることで健康面やダイエット面などで有益な効果を得ることができるでしょう。

 

黒酢には、必須アミノ酸を含む20種類ものアミノ酸が大量に含まれています。その中でもバリン、ロイシン、イソロイシンと呼ばれる3つのアミノ酸はBCAAと呼ばれており、その3つには脂肪を効率よく燃焼して、筋肉を増強させる働きがあります。筋肉が増強すると、基礎代謝があがるので、体内に蓄積した脂肪が燃焼しやすくなるので、太りにくく痩せる体質へと改善できるので、ダイエット効果が期待できます。

 

またアミノ酸は、コラーゲンを作る原料になっています。コラーゲンは真皮層を構成している主成分であり、肌の弾力、ハリ、ツヤなどに関与しています。加齢とともに体内で生成されるコラーゲンは減少してしまうため、肌のハリや弾力がなくなり、シワやたるみなどの老化現象が起こってしまうのです。コラーゲンがたくさん生成されれば、肌のハリがよみがえり、アンチエイジングにつながるのです。

 

 

このようにたくさんの有益な効果が期待できるえがおの黒酢ですが、気になるのは副作用です。サプリメントは毎日飲むことで効果を持続できるので、継続的に飲まなければなりません。毎日飲むものだからこそ副作用は心配ですよね。

 

しかしえがおの黒酢に含まれる黒酢は、安全性の高いもので玄米や水など天然の原料だけを使用しているため、医薬品のような重篤な副作用を起こす心配はまずありません。しかし酢は刺激が強いので、人によっては胃腸に刺激を与えてしまい、胃の粘膜を傷つけてしまうことがあるかもしれません。胃腸が弱い人は、一度に大量に飲まないように気を付け、空腹時の摂取は避けるようにしてください。